髪型の歴史〜日本史+〜

いままで語られてこなかった日本史と世界史の『髪型』を徹底的に解説、考察していきます!

ホピ族 ネイティブアメリカン USA

今回ご紹介するのは、現在のアメリカの先住民族であるネイティブアメリカンの「ホピ族」です。

 

ネイティブアメリカンというのは、俗に言う「インディアン」の事ですね。その昔アメリカ大陸を発見した際に、間違ってインドに着いてしまった…と勘違いした事から、その土地に住む人々を「インディアン」と呼んだのが始まりのようです。

もちろんインディアンではないので、現在では『ネイティブアメリカン』と呼ぶ事が一般的のようです。

f:id:camdentown2012:20200204142139j:plain

なんとなく一度は見た事ありますよね!
僕のネイティブアメリカンの印象と言えば、民族衣装が独特で、やたらと羽を着けていて、アクセサリーがオシャレ!というイメージしかありませんでした。

f:id:camdentown2012:20200204143049j:plain

カッコイイよなぁ〜!

 

しかし、注目すべきはそれだけではありませんでした…

ホピ族の女性の髪型がとてつもなく変わっているのです!!

 

僕が初めて、この髪型を見た時目を疑いました。

どっかで見た事あるっっ!!

こちらです。

f:id:camdentown2012:20200204142035j:plain

母が娘の髪型をセットしてあげている、どこにでもある風景なのですが…あまりにも髪型のクオリティ高すぎません!?(笑)

 

アップにして見てみましょう!

f:id:camdentown2012:20200204150017j:plain

いや〜もうコレ、レディーガガやん!!

f:id:camdentown2012:20200204151041j:plain

 

そして皆さん薄々感じているかと思いますが、何よりこちらに似ていますね。

f:id:camdentown2012:20190212151115j:plain

『美豆良(みずら)』弥生時代以来の久々の登場です!

camdentown2012.hatenablog.com

こちらの記事でもご紹介していましたが、意外とこの髪型難しいんですよ〜!

シンプルにホピ族スゴすぎっ!

ちなみに1900年頃の写真なので、現在のようなスタイリング剤を使わずに、このスタイルを作っているのは本当に技術が高いと思います。

よ〜く見ると美豆良に似ていますが、結び方や面の出し方などが違っているので、より上位互換の作品ですね!

 写真にも写っていますが、結び終わった後に「U字」のような固定棒で型を固定しています。おそらく髪型を崩れにくくするための「固める油?剤」を塗って、キープさせているのだろうと思われます。

いや〜参りました!すごいです!どのように結んでいるのかがわかりません!(笑)

文明の利器がなくても、工夫次第でこの髪型も作れるという事は、弥生時代古墳時代にも美豆良が作れた事になりますので、とても大きな発見になりました!

しかし日本の「美豆良」に関しては、なぜ美豆良という髪型が、昔されていたと言われている所以が未だにわかっていないのですが、このネイティブアメリカンとの関係性のある資料が見つかれば…なんてロマンはつきませんね!

 

そしてお母様の髪型も独特で、グリグリに結ばれていますね!

f:id:camdentown2012:20200204145956j:plain

2つに結んでいるようですが、紐らしきものでまとめていますね。邪魔だから?白黒写真なので何とも言えませんが、おそらく綺麗な色が付いた紐でグリグリに結んでいたとしたら、ものすごいオシャレに気を使ったスタイルと言えるでしょう。

毛先も若干見えづらいですが、編み込み状に見えますので、髪型に対してのかなりのこだわりが垣間見えますね!

ホピ族マジですげーわ!!

f:id:camdentown2012:20200206103327j:plain

ちなみにスターウォーズレイア姫は、ホピ族がモデルだそうです!

f:id:camdentown2012:20200206105536j:plain

たしかに近いね!

 

あと別件なのですが、ホピ族について調べていると面白い事がわかってきます!

「予言」とか「第六感」とか、いろんな伝説があるようです!(笑)

まあ、ご興味ある方は是非検索してみてください。

ちなみにトンデモ説で、あの変な髪型は霊感をキャッチする電波塔みたいなものだという説を書いている方がいらっしゃいましたが、さすがにそれは否定させてください!(笑)みんなオシャレや伝統でやっているはずです!!

もちろん髪の毛に関して、わからない事が沢山あります。体調やストレスによって毛や爪などが影響は出やすいですが、「第六感」とはまた別物です。

f:id:camdentown2012:20200206105152j:plain

ということで、もうこの伝統的な髪型は残っていないかもしれませんが、まだここで暮らすネイディブアメリカンたちに、いつか会いに行こうと思います!

 

きっと美しいアメリカがまだ残っています。