髪型の歴史〜日本史+〜

いままで語られてこなかった日本史と世界史の『髪型』を徹底的に解説、考察していきます!

意外と知っているようで知らない「イスラム教」の女性の髪型

今回は、意外と知っているようで知らない『イスラム教』の髪型について解説してまいります。

 

みなさん一度は、イスラム教の女性の方をお見かけしたことあるのではないでしょうか?

f:id:camdentown2012:20200130103041j:plain

こんな感じの素敵な衣装を身にまとっている方々ですね。

こちらの衣装はヒジャーブと言います。

一口にイスラム教と言っても「〇〇派」によっても女性がどこまで肌を出して良いか、または義務なのか推奨なのか等が諸々変わってきます。

 

ざっくりですが、顔に巻くスカーフの種類はこんな感じです。

f:id:camdentown2012:20200130103039j:plain

国や地域によっても随分変わりますので、この国はコレ!とは一概には言い切れないです。ちなみに昔、ロンドンで鉄仮面みたいなのをつけている方もいました。

 

ということで、なぜイスラム教の女性は「髪や肌」を出さないのかといいますと、実はとても意外で素敵な教えがあるのです!

 

私も知らなかった時は、悪い男の王様が女性に人権や自由を与えない「独裁的な思想」があるのではないかと思っておりました。

いやいや!とんでもない!逆なのです!

 

イスラム教のコーラン聖典)で女性は『真珠』と言われているそうです。

要は、女性を敬い女性を大事にするっていう事が根本にあるようで、女性は美し過ぎるがゆえに露出しすぎると、悪い男達が寄ってきますよ〜!ということでヒジャーブを着用を推奨されているということのようです!

 

もちろん『髪の毛』は女性らしさをアピールできる一番の武器になってしまうので絶対に隠さなければいけませんね!

f:id:camdentown2012:20200130164507j:plain

ちなみに髪の毛を切る時は、女性の美容師さんしか切れません。他の男性スタッフに絶対に見られないように密室にて施術をしていきます。

日本で働いているとそういったチャンスっていうのはほぼありませんが、海外だとたまにイスラム教のお客さんが来店することがありましたね。(1度でいいから見てみたかったなぁ〜!!)

ですので女性の美しい部分は旦那さんや家族だけにしか見せない。

女性を大事に扱うからこそ、こういった教えをされているようです。

 

もちろん派閥にもよりますが、義務で着なければいけない派でも着ても着なくてもどちらでもいいよ〜という派でもヒジャーブ等をつけている女性がほとんどのようです。

夏とか暑そうに見えるけど、そういうことじゃないんでしょうね〜。

女性の価値は高いですね!

 

代々木上原に日本で最大級のジャーミーがあります!

土日の朝?に礼拝に行かれる方をよくお見かけいたします。

イスラム系の方とご結婚された日本人女性の方もたくさんいらっしゃいます。

その方々もヒジャーブをお召しになっているので、意外と一度ヒジャーブを着たらハマるのかもしれませんね!本当に素敵です!

f:id:camdentown2012:20200130173545j:plain