髪型の歴史〜日本史+〜

いままで語られてこなかった日本史と世界史の『髪型』を徹底的に解説、考察していきます!

室町、安土桃山時代 5 斎藤道三 麒麟がくる

久々の日本史です!

何かと話題になっております次期大河ドラマの「麒麟がくる」ですが、この辺の時代には絶対に欠かせない『斎藤 道三(さいとう どうざん)』についてご紹介していきますね!

美濃の蝮(マムシ)こと斎藤道三は、下克上大名で僧侶や油売りを経て大名という地位まで成り上がったようです!

しかし、最後は命を懸けた盛大な親子喧嘩で息子に殺されてしまうという悲しい結末を迎えたようですね…

悲しい。でも息子になら本望なのかな…?

 

ということで、岐阜のスーパースターこと道三の肖像画がとても気になったので見ていきましょう!(髪型というより髭ヒゲですね!)

 

こちらです!

f:id:camdentown2012:20191122193648j:plain

んん!?

もう少し綺麗な絵で見てみましょう!

f:id:camdentown2012:20191122194816j:plain

とりあえず髪型は…アレですね。

しかしこの時期の主流である「折髷(おりまげ)」に結われていますね。

横の毛も無くなっているようなので晩年は後ろの毛だけでも、なんとか結いたいという気持ちが伝わってきますね。最後まで髪の毛を大事にしていたのは言うまでもないでしょう。

そして問題はヒゲです!!

なんなんですかこの2段階方式は!!?ヒゲというより頬毛だねこりゃあ!

たくさんの偉人達の肖像画を見てきましたけど、こんなことしてる人初めてですよ!!

もちろんこだわりを持ってオシャレでこのような形に残しています。

 

っていうか、こんなに頬毛生える〜!?なんて思う方もいらっしゃると思いますので、息子さんの斎藤義龍(さいとう よしたつ)さんの肖像画を見てみましょう!

f:id:camdentown2012:20191122194812j:plain

はい。めっちゃ毛が濃いっっ!!

もみあげからヒゲそして頬毛すごいです。もはや毛むくじゃらです。

本来このくらいヒゲの濃い方であれば、顎ヒゲも相当生えているはずなんですが、道三さんも義龍さんも口の下の毛のみを残して綺麗に剃っています。道三さんは頬毛をオシャレに残し、義龍さんはあえて頬部分のみを残したんだろうなぁ〜と思われます。迫力でますね!

髪の毛は、もみあげからサイドの毛がお気持ち程度にありますね。髷はこの肖像画からは見えないのですが、おそらくちょっとはあるでしょう!

現代の考え方からすると、ヒゲが濃くて頭髪が薄くなるのは典型的な男性ホルモンが多い証で、遺伝する確率がとても高いのです。この家系は相当男性ホルモン強めだったのでしょうね〜。体毛自体も濃かったはずです。

 

いやいや!それでも大げさにヒゲを描いてるだけじゃないの〜!?なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、大げさでもなんでもないのをご紹介しておきます!

f:id:camdentown2012:20191123103150j:plain

 山田孝之

濃いねぇ〜!道三の2段階方式もいけそうですね!かっこいいです!

 

外人さんは、簡単にモシャモシャになりやすいのですが、日本人でここまで生えるのってじつは才能がいるんです。意外と伸びそうで伸びない、ある程度の長さで止まっちゃうんですよね〜。

f:id:camdentown2012:20191123135505j:plain

メッシはヒゲないほうがいいよ!

ということで、今回はヒゲのオシャレと男性ホルモンの解説でした!

麒麟がくる」楽しみです!!

 

 

f:id:camdentown2012:20191123135755j:plain

ここまでの毛量で伸びるってありえるのかなぁ〜?(笑)

 

 

 

ハルハ族 モンゴル

モンゴルと言えば、やはり相撲!他には、遊牧民!と思い浮かべる方が多いと思います。

なんとなくこういうイメージですよね!

f:id:camdentown2012:20191118142050j:plain

朝青龍

元々モンゴルは多民族国家でしたが、現在のモンゴル人の8割ほどは「ハルハ族」と言われております。

このハルハ族の昔の髪型(女性)がとにかくすごいんです!!民族衣装も本当に素敵なのですが、髪型にしか目がいかない…

 

ということで、こちらです!ドンっ!!

f:id:camdentown2012:20191118114532j:plain

んんんん!!!??えぇ?どういうことぉー!?

何がどうなってんのーーー!?っていうリアクションだと思いますが、詳しく解説していきましょう。

まずは、比較的最近のカラー写真で見てみましょう。

f:id:camdentown2012:20191118114535j:plain

後ろから見たらこうなってます。

f:id:camdentown2012:20191118114538j:plain

髪すごい長いの!??と思わせておいて〜の、こちらも地毛ではございません!!

上の白黒の写真は1900年初頭に撮影された物ですが、この時点ではほとんどの場合はカツラになっています。

f:id:camdentown2012:20191118114545j:plain

f:id:camdentown2012:20191118114542j:plain

こんな感じですね〜。どのように制作されたのかはわかりませんが、毛の部分は人毛に見えますので、おそらく先祖の髪や親戚などの髪の毛を大事に取っておいて作っているのかもしれませんね。(動物の毛ももしかしたら混ざっているのかも?)

接着剤の代わりになるようなものでしっかり固めて、ボロボロにならないために3〜4箇所をバレッタのような金属で固定しているのかと思われます。しかし重量も結構ありそうなので作って維持させるだけでも相当大変そうです。

本当にすごい芸術品であり、職人技だと感服いたします。(アロンアルファまだないからね!)

 

そして結婚式などは、それぞれこういう衣装だったんですかね〜。

f:id:camdentown2012:20191118114548j:plain

というのも、現在ではこの髪型にすることはほとんどないようです。なんか寂しい…

あとこの髪型にする女性は既婚女性のみで、頬に赤丸を描くのも習慣だったようです。

そして、よ〜く見ていただきたいのが、

f:id:camdentown2012:20191118122429j:plain

この部分のバリエーションが、様々なのがとても興味深いですね!
大きく分けて2パターンで、髪が三つ編み状に編まれているバージョンと筒状の装飾品などが付けられているバージョンですね。

もちろん装飾品多めの方は、お金持ちであり地位も高い方だったそうです。やっぱこの髪型なら派手な装飾の方がいいもんね〜!

しかし 、髪マニアの僕としては、編み込んである方が断然歴史を感じれて好きですけどね!

 

ということで、記念日や正装時にはこの髪型にしていたのでしょうね〜。

f:id:camdentown2012:20191118114552j:plain

にしても、頭の幅がデカイ!っていうか、男子も袖長いんだね〜。 っていうかなんでみんな袖長いの!??(笑)

 

もしかして気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、映画のスターウォーズのアミダラ女王の髪型はこのハルハ族がモデルになっています!

f:id:camdentown2012:20191118114601j:plainナタリーポートマン

カッコよくアレンジされてて素敵なのですが、本家ハルハのほうが改めてインパクトすごすぎですわ!

f:id:camdentown2012:20191118141843j:plain

ということで、モンゴルの『深み』をわかっていただけたと思います。

この髪型の文化が無くなってしまったのは、本当に残念で悔しいです!泣

きっとモンゴルの特別な行事やお祭りなどのイベントでは、見る機会はありそうなので、そのうち見に行きますわ!!歴史とか抜きにしてもモンゴル旅行は行きたかったので絶対いきます!博物館とかめちゃめちゃ面白そうですね!


 ほんと近隣のアジアだけでも、「おすべらかし」がかわいく見えてしまうほど驚きのデザインですね!

f:id:camdentown2012:20191118143933j:plain

camdentown2012.hatenablog.com

 

「世界の変な髪型」楽しすぎます!!

 

 

THE NATIONAL GALLERY 2019

先月ロンドンのナショナルギャラリーを訪れた時に、あの「トンスラ」がたくさんございましたので、トンスラハンターによるトンスラコレクションをご覧ください!

 

トンスラをご存じない方は、まずはこちらをご覧ください!

camdentown2012.hatenablog.com

 

f:id:camdentown2012:20191116115853j:plain

f:id:camdentown2012:20191116115819j:plain

f:id:camdentown2012:20191116115902j:plain

f:id:camdentown2012:20191116120032j:plain

f:id:camdentown2012:20191116120125j:plain

f:id:camdentown2012:20191116120106j:plain

f:id:camdentown2012:20191116115756j:plain

f:id:camdentown2012:20191116115837j:plain

トンスラ祭りじゃーいい!!(どうやらよく登場する↑この方はヴィンセントさんのようです。ドミニコ会ですね。)

こちらの絵画らは1400年〜1500年代に描かれたものがほとんどになります。

日本に伝わる前の100年前からフランシスコ会ドミニコ会があったのがわかります。トンスラとは一体何なのか?誰が始めたのか?いつか、いつかトンスラの起源に迫りたいと思っております。

 

ちなみにこちらの絵ですが、f:id:camdentown2012:20191116115738j:plain

わかりやすく描かれていたのでアップで見てみましょう。 

f:id:camdentown2012:20191116131911j:plain

右の方は、よくあるトンスラが繋がっていないバージョンのトンスラですね!

この方は、額のキワの部分が頭皮ではなく肌の質感で丁寧に描かれていますので「M字」に頭皮が後退していったのがわかります。本当は繋げたいんだけど、繋がらなかったという一枚ですね。(この方もヴィンセントさんかなぁ?)

男性はねぇ…どうしたって前からくるパターンが多数ですからね。しかたないです…

そして左の方が不思議なトンスラになっています。そもそもトンスラかどうかも怪しいですが…相当ご高齢にも見えますしね。

前髪の真ん中の部分を残すのはわかるのですが、その後ろのキワが届いていない部分で無理やり繋げていますね。

そこまでして繋げたかったのね…泣

なんだか情熱すら伝わります。

ということで、他にもたくさんありましたが、選りすぐりをご覧いただきました!お腹いっぱいですね!

 

最後に気になる一枚の絵画をご覧ください!

f:id:camdentown2012:20191116115944j:plain

こちらも1450年代くらいの作品だそうです。トンスラっぽく見えますが、横と後ろだけ2ブロックにガッといってますね。確実にトンスラではないのですが、現代のマッシュスタイルの相当初期の型ではないかと思われます!

髪型、髪の描き方がとても美しく上手だったのでご紹介させていただきました〜!

 

 ナショナルギャラリーは世界中の絵画が集まっております。数も膨大でとにかくでかい!久々に足が棒になりました。イギリスに行かれる際には是非!!

あと、隣に隣接するナショナルポートレートギャラリー(近代絵画)もオススメです!

 

 

長角ミャオ 中国 貴州省

今回ご紹介するのは、中国貴州省の山間部で暮らす民族「ミャオ族」です。

f:id:camdentown2012:20191114154256j:plain

はい。いつもの恒例の南部で雲南省のお隣ですね!ほんと中国南部行きてー!!(笑)

 

このミャオ族の女性の髪型がほんとすごいんです!!

おそらく一度見たら絶対にわすれません!絶対に…

 

それでは、こちらです!ドンっ!!

f:id:camdentown2012:20191114155631j:plain

で、で、で、で、デカイっっ!!!

 

ええ。そうなんです!これは髪の毛なんです!!

とは言え、地毛ではないんですね。

この被り物の髪は一体何なのかといいますと、先祖の髪の毛の束だそうです。もちろん長さは数メートルにも及ぶそうですね。(パッと見2mはありそうです。)

普段から朝起きたらこの髪型をするわけではなく、正装という感じみたいですね!

特別な日や来客が来た際、またはお邪魔する際にこの髪型にするようです。

いや〜大変でしょうよぉ〜…重そうだし。

 

それでは、作り方の行程も見てみましょう!

f:id:camdentown2012:20191114172347j:plain

まずは、地毛で後ろにお団子を作り土台になる部分を作っていきます。

そのお団子に「長角ミャオ」の由来でもある長角を括り付けていきますね!

f:id:camdentown2012:20191114172106j:plain

そこから前に後ろに長角にグリグリに巻きつけていきます。

(基本的には一人で巻きつけます。)

f:id:camdentown2012:20191114172109j:plain

最後はこちらの白い布でしっかり固定して、

f:id:camdentown2012:20191114172350j:plain

完成でーす!!

いや〜ほんと大変そうです!そして斬新すぎるっ!!

よーく見るとこの先祖の毛は細かーく三つ編み?(四つ編み?)の束になっていますね。

おそらく衛生状態はあまり良くはなさそうなので、毛は切れやすく脆いと思うのでしっかり細かく束が丁寧に作られているのが印象的です。

後世への想いや愛みたいなものが伝わってきますね!もちろんこの子たちも、後にこの毛の束の一部になっていくのでしょうし。素敵な文化です!

衣装もほんと美しいし、みんないきいきしていますよね!

 

ちなみに『ミャオ族』とざっくり言っていますが、地域によっても習慣は違います。

なんなら1000万人ほどミャオ族だけでいますからね!(東京都の人口くらい)中国はでかいよ〜!

 

大角ミャオ

f:id:camdentown2012:20191114185002j:plain

こちらは、上のほうに角をつけて巻く毛も少なめですね!

 

冠を被るだけのパターンもあります!

f:id:camdentown2012:20191114185342j:plain

 

ちなみに男性は、

f:id:camdentown2012:20191114185757j:plain

周りは短く切って、トップ部分だけ残すワイルドなお団子スタイルですね!

どうやら中国最古の髪型で「戸棍」と言うそうです。

とてもありえないのが、鎌で髪の毛を剃るんですってよぉ!

f:id:camdentown2012:20191114190423j:plain

怖すぎ〜〜〜〜〜〜!!!

なんならちょっと錆びてないっすか!?絶対痛いよこれ〜泣

 

そして、こちらが昔の1910年頃撮影されたミャオ族の女性たちです。

f:id:camdentown2012:20191115104417j:plain

グリグリになってるぅ〜〜!

どこの地域のミャオ族かはわかりませんが、この頭を尖らせているのが結婚をして子供がいる証だそうです。

上に巻いている髪の毛は、長角ミャオの毛に質感は似ているので、先祖から代々受け継がれた毛で作られたものを巻いているんだろうと思います。

若干見えづらいですが、地毛の部分はトップにお団子にしてまとめた上で、土台にしグリグリに巻きつけているのかなと思われます。もしかしたら地毛の土台の上に「角(木)」を刺して高さが出るように固定しているのかもしれませんね!

もはやカッコイイ!

 

と、まあこんな感じでザックリですが『ミャオ族』ご紹介してきたわけなんですけれども、ほんと魅力的ですよね〜!

ミャオ族は、中国に住んでいる方が多数ですが、中国南部近辺のベトナムラオスにもミャオ族は暮らしているそうです。ミャオ族に関しては、歴史的にもわかっていない事が多く、一説には1000年ほど前から続いているのはないか?との意見もあるそうで…まあ幸せに今を生きていればそんな事どうでもいいよな!

限られた文明の中で、脈々と受け継がれる想いが、何も変わらぬ人々へ何百年も繋がっていくんだね。

幸せってそんなところにあるのかもな。

 

本当に、ここは絶対に行きたい場所ですね!っていうか近々行ってやるぅ!!

 

 

はじめに 〜世界史〜

はじめに、「世界史」という膨大な情報量で核心にすらたどり着けない学問に触れる事自体が、私の知識や経験が全く足りていない事を承知の上で研究させていただいております。

できるだけ史実や参考書、見識者の意見と照らし合わせながら、より真実に近い内容で、考察してまいります。

私の興味、趣味からくる『髪型』というジャンルに絞った解説、考察になりますのでご理解ください。

常に新しい発見があり、変わり続ける歴史の中で『髪型』がどういう変化をしてきたのかを皆さんにご紹介できれば幸いです。

 

これまでにたくさんの国の風習や民族を見ているうちに、世界を旅し、たくさんの文化や髪型に触れていきたいと心から思うようになりました。

少しづつですがたくさんの国や地域を回り、実際に現地へ行きその国の人々と会話しながら研究をしていきたいと思っております。

とてつもない壮大な夢ではありますが、自分の人生を賭しても完成させたい世界地図を目指し、未来へと美しい魅力を残していきます。

 

まだまだ勉強中ではございますが、世界中には本当に不思議で変な髪型が溢れています!

とても魅力的で、髪への思想も様々です。しかし人類みな兄弟!点と点が線で繋がるんです!!そんな髪型の面白さが少しでも伝われば幸いです!

f:id:camdentown2012:20191114152553j:plain

 

 

 

最近の趣味

最近ハマっているのが、骨董品集めです!

こちらですね〜!

f:id:camdentown2012:20191112144103j:plain

f:id:camdentown2012:20191112144059j:plain

櫛、簪、笄ですね!

江戸時代、明治初期あたりに使われていた物らしいです。

 

すごいきれいですよね〜!

上の櫛の写真の白い櫛なんかは貝殻?で作られているような感じで、触った感触はすごく新触感って感じです!

下の写真の簪は、遊女がよく頭にザクザク指していたあれですね!

f:id:camdentown2012:20190701145132j:plain

先っぽが、耳かきみたいになっているのがおわかりでしょうか?
しっかりきれいに結い上げているために、頭はなかなか触れないんですよ。そこでこの先っぽで、頭が痒い時にカキカキしやすいようにこの形状になっているんですね〜!

とてつもない便利グッズですよね!

 

なぜこんな物を集め始めたかといいますと、博物館や美術館に行ってたくさんの素敵な櫛やアクセサリーが展示している中で、どんな素材なのか触ってみたい!!という欲求が生まれ始めました。ということで高価なものは買えませんが、良さそうなものは買っちゃえ〜ということでコレクター魂に火をつけてしまったという所存です。

まだまだコレクションは少ないですが、徐々に増やしていきたいと思っております!

 

もちろん触って貰うために収集しているので、触りたい方募集中です!

素材の質感是非とも感じてください!いつでもご来店おまちしておりまーす!!

f:id:camdentown2012:20191112152001j:plain

 

Victoria&Albert Museum 2019

先日、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート美術館(V&A)に行ってまいりました。今回の旅行で、一番胸熱になった作品の数々をとりあえずご紹介させていただきますね!

f:id:camdentown2012:20191018124757j:plain

その他、大英博物館やナショナルギャラリー、テートブリテン等たくさんの博物館、美術館を改めて回ってきましたので、これからの世界史編のたくさんの面白い素材を見つけてきましたので是非ご期待ください!

 

V&Aにある、イギリス人が描いた日本の絵のコーナーがあります。

その絵がとにかく綺麗なんです!

こちらは、明治初期に描かれた油絵のようです。

f:id:camdentown2012:20191018112413j:plain

なんか雰囲気がものすごく伝わってきますね!

それぞれアップで

f:id:camdentown2012:20191018112439j:plain

すごいかわいらしい髪型ですね!この女の子の雰囲気からして5〜6歳くらい?

前髪はパッツンで顔まわりと横の毛も短くズバッと切られています。

後ろの毛は、トップまで上げてクルッとアレンジできるくらいまで長いので、胸くらいまでの長さはありそうです!

きっとこのまま伸ばし続けるのでしょうね〜。

f:id:camdentown2012:20191018112431j:plain

こちらのお姉様は、明治時代を象徴するような大分小ぶりな日本髪(島田髷?)になっていますね。上の女の子もそうですが、櫛やかんざしのクオリティがものすごく高いように見えます。

もう少し先の未来には、ほとんどこういった櫛やかんざしが使われなくなります。よりデザインやクオリティを追求していた明治初期が最高にカッコイイ最盛期だったのかもしれませんね。

しかし外人さんが描く絵って、日本人の描く絵と違ってリアリティがすごいですね!最近の風景にも見えてきちゃいます。

 

お次はこんな絵もありました!

f:id:camdentown2012:20191018115612j:plain

なんかデザイン的でカッコイイですね!

f:id:camdentown2012:20191018115619j:plain

色合いがいいですね〜!

f:id:camdentown2012:20191018115651j:plain

影の感じがカッコイイ

f:id:camdentown2012:20191018115700j:plain

こちらの上の4枚の絵は1885年に描かれた絵っぽいので、明治中期くらいでしょうか。

さすがに中期くらいには、この格好や髪型をしている人はいないと思うので、おそらく歌舞伎や写真のイメージ図ではないかなぁ〜と思います。

もしかしたらごく少数派ではありますが、やっている人がいたかもしれないのでなんとも言えませんが…

本当に良い絵ですね!

 

櫛もいくつか展示してありました。海を越えてこんな大きな美術館に展示されているのは嬉しい限りですね!

f:id:camdentown2012:20191018120949j:plain

f:id:camdentown2012:20191018121004j:plain江戸幕末から明治あたりに使われていたであろう櫛です。

 

あと、別のフロアの「JAPAN」の部屋には浮世絵なんかもありました!

f:id:camdentown2012:20191018122626j:plain

f:id:camdentown2012:20191018122648j:plain

f:id:camdentown2012:20191018122657j:plain

f:id:camdentown2012:20191018122719j:plain

f:id:camdentown2012:20191018122724j:plain

f:id:camdentown2012:20191018122730j:plain

はい。素敵な歴史の1ページが刻まれていましたね〜。

なかなか日本では見ることのできない物がたくさんありました。

イギリス人の描いた日本なんかは、自分を抑えることができないほど興奮しちゃいましたね!!(笑)

もちろん日本の物だけではなく、世界中の珍しいものが見切れないほどありますのでV&Aは本当にオススメです!

歴史、ファッション全部詰まっています!!

イギリス旅行の際には是非!!

 

https://www.vam.ac.uk